パリエットとタケプロン、ネキシウム、オメプラールの比較・違いや使い分け

パリエットとタケプロン、ネキシウムなどのPPIの違いを比較

 

パリエットは「プロトンポンプ阻害薬(PPI)」に分類される医薬品ですが、PPIには他にも複数種類あるので、「どのPPIを使ったらいいの?」と疑問に思っている人もいるでしょう。ここでは、各種PPIをさまざまな側面から評価し、違いの比較や使い分けなどを解説します。

 

目次

 

パリエット以外のPPIって何があるの?

 

パリエット以外のプロトンポンプ阻害薬としては、

 

  1. タケプロン
  2. ネキシウム
  3. オメプラール

 

が主な医薬品となります。以下、パリエットを含めた4つの医薬品を比較していきます。

 

発売日を比較

 

医薬品も、その他の商品と同じく発売日があります。そして、同じジャンルの医薬品の場合、発売日が新しいほど効果が高かったり、副作用の面で改良が加えられたりすることが多いです。以前発売された医薬品を意識し、効果・副作用を上回るように研究が進められるからです。

 

薬品名

発売日

オメプラール

1991年1月

タケプロン

1992年12月

パリエット

1997年12月

ネキシウム

2011年9月

 

↑は各PPIの発売日ですが、パリエットは1997年と、2番目に新しい医薬品となっています。ただ、ネキシウムは2011年発売なので、「新しさ」という面で言えば圧倒的にネキシウムが勝っています。

 

効果の強さ、持続時間

 

次に気になるのはなんといっても効果の強さや持続時間についてです。効果があれば症状が重くても対処できます。

 

さて、効果の強さについてですが、「治癒率」などで評価することは可能です。治癒率はその名の通り症状が治癒した確率ということになります。ここでは、逆流性食道炎の治癒率を比較してみます。

 

逆流性食道炎の治癒率

医薬品名

治癒率

オメプラール

82.7%

タケプロン

92.4%

パリエット

90.9%

ネキシウム

92.0%

(※上記データは各医薬品の添付文書から取得)

 

↑を見るとわかりますが、オメプラールに関してはやや低く、それ以外の3つはほぼ同等と言うことができるでしょう。パリエットは数%ほど下がっていますが、これらは200程度の症例で取られたデータなので、ある程度の誤差は出てきます。

 

とはいえ、医薬品の効果には人それぞれ相性があり、効果の強い・弱いは評価しにくいところがあります。「新しいPPIであるネキシウムはいまいち効かなかったが、タケプロンが良く効いた」「PPIよりもずっと弱いはずのガスターのほうが良かった」なんてこともよくあるので、あくまで参考程度にしてください。

 

副作用について

 

医薬品を比較するうえでやはり気になるのは「副作用」でしょう。できるだけ副作用の少ないものを選びたい人も多いはずです。

 

副作用についても評価は難しく、同じ医薬品を服用しても、人によって副作用の出方は全然違ってきます。なので、あくまで統計的な比較にはなりますが、ここでは「副作用の総出現確率」を比較してみました。

 

副作用の総出現確率

医薬品名

副作用の総確率

オメプラール

不明

タケプロン

15.2%

パリエット

12.1%

ネキシウム

11.5%

(※上記データは各医薬品の添付文書から取得)
(※逆流性食道炎などの治療時の副作用確率を掲載)

 

↑を見ると、オメプラールは情報がなかったものの、他の3つの医薬品については発売順に副作用率が下がっていくことがわかります。もちろん、「ネキシウムで副作用があったが、タケプロンではなかった」ということも十分にありえるのであくまで統計データではあるのですが、より体にやさしいPPIを使用したい場合はできるだけ新しいものを選ぶとよいようです。

 

価格について

 

最後に、価格の比較を行います。どれだけ効果が高く、副作用が少なくても、価格が高ければなかなか手が出ないといった事態になります。

 

ここでは、薬価の比較、そして個人輸入の相場の比較をしてみました。

 

薬価比較

医薬品名

1錠あたりの薬価

オメプラール

128.90円

タケプロン

140.30円

パリエット

115.70円

ネキシウム

145.10円

 

薬価に関しては、パリエットがややお得感がある価格設定になっています。

 

次に、個人輸入の最安値相場についてみてみましょう。

 

個人輸入最安値比較

医薬品名

1錠あたりの価格

オメプラール

-

タケプロン(ジェネリック)

約50円

パリエット(ジェネリック)

約60円

ネキシウム

約240円

 

まず、オメプラールは個人輸入で扱っているところがほぼありません。そして、ネキシウムはジェネリックではないので比較的価格は高くなっています。「安く買う」と言う意味では、タケプロンかパリエットのジェネリックを個人輸入するのがよいでしょう。

 

プロトンポンプ阻害薬比較のまとめ!

 

ここまでプロトンポンプ阻害薬(パリエット、オメプラール、タケプロン、ネキシウム)を比べてきましたが、ここでまとめてみます。

 

医薬品名 効果 副作用 価格
オメプラール ★★ - -
タケプロン ★★★★ ★★ ★★★★★
パリエット ★★★★ ★★★ ★★★★
ネキシウム ★★★★ ★★★★ ★★

 

まずオメプラールは効果の面でやや劣るようです。あとの3種については、

 

効果 → 横並び
副作用 → ネキシウム
価格 → タケプロン or パリエット

 

と評価できるでしょう。なお、個人輸入の最安値はオオサカ堂となります。用量の大きいものを購入し、必要に応じてピルカッターなどで割って服用するのが、コスト面でおすすめです。

 

→ タケプロンの最安値価格を見てみる

 

→ パリエットの最安値価格を見てみる

 

→ ネキシウムの最安値価格を見てみる