パリエットのせいで消化不良になる?

パリエットを飲むと消化不良になりやすい?

 

食べ物を消化するために、胃酸は重要な存在です。わたしたちの体は、食事の量が増えると、胃酸も増えるような仕組みになっています。このように胃酸は消化を助けるため、大切な役割を担っていますが、胃酸の量が足りなくなることで消化が追いつかず、胸やけや消化不良を起こすことがあります。

 

パリエットは出過ぎた胃酸を抑える作用をもつ医薬品です。服用することで消化スピードが落ちるため、普段通りの食事量であっても、胸やけや消化不良を起こす場合もあるでしょう。対処法としては、食事の量を控えめにするとか、油を多く含む料理を避けることです。また、時間をかけてしっかり噛むことも大切です。

 

なお、間違った対処法はさらに症状を悪化させる恐れがあります。パリエットは逆流性食道炎や胃潰瘍などをの治療に効果のある医薬品です。胃に不快感があるからと、安易に服用するものではありません。パリエットの胃酸を抑える作用は、消化不良の状態ではむしろ逆効果となります。現在、パリエットのようなプロトンポンプ阻害薬は広く使われるようになりました。その弊害として、消化不良であっても簡単にパリエットを処方してしまう医師もいるようです。パリエットは胃酸の出過ぎから起こる逆流性食道炎や胃潰瘍などの治療に適した医薬品なのであって、消化不良にはまったく適していないのです。