パリエットとインフルエンザ予防接種・治療薬の相性

インフルエンザ予防接種や治療薬とパリエットの併用はいいの?

 

パリエットは飲む期間が長引く傾向にある医薬品です。ですから、その期間中にインフルエンザの為の薬であるイナビル・リレンザ・タミフルを飲んだり、予防接種をしたりする事になる場合もありそうです(インフルエンザのピークは冬場です)。

 

そうなっても大丈夫なように、インフルエンザの為の薬とパリエットの関連性を把握しておきましょう。

 

パリエットとインフルエンザ予防接種の関係

 

まずは、インフルエンザの予防接種とパリエットの関連性に関してです。

 

次のような場合はインフルエンザの予防接種が行えません。

 

  1. 37.5度以上の発熱
  2. 急性疾患の発症中
  3. 予防接種でアレルギーが出たことがある
  4. 医師にNGと診断された

 

↑を見てもわかるとおり、原則、パリエットはダイレクトには関連しません。そのため、基本的には予防接種は可能です。

 

ですが、100%問題がないというわけではありません。↑の「4」に当てはまるケースはあります。インフルエンザの予防接種に関しては「副反応」という、薬でいうところの副作用のようなものがあり、予防接種が原因で色々な症状に見舞われる恐れがあります。パリエットは逆流性食道炎などの為に使う薬です。そのため食欲低下等が原因で、そもそも体力が低下している場合があるかもしれません。そうなれば、副反応を危惧されて予防接種を拒否される可能性があります(あくまで低確率ではありますが)。

 

とはいえ、よほど体調が悪いのでなければ予防接種は問題なく行われるはずです。その辺りの判断は当然医療機関側が行ってくれるので任せてしまいましょう。

 

イナビル・タミフルなどの治療薬との併用は?

 

インフルエンザになってしまった時は、抗インフルエンザ薬(リレンザ、イナビル、タミフルなど)で対処する場合が大半です。では、パリエットと抗インフルエンザ薬は一緒に使っても大丈夫なのでしょうか。

 

パリエットの添付文書をチェックしても、併用注意薬品として抗インフルエンザ薬が名指しされてはいません。ですから、一緒に使っても大丈夫です。

 

→併用注意・飲み合わせ

 

もちろんパリエットを飲んでいる事を自体は告げておくべきですが、それでも問題なく抗インフルエンザ薬が出されるはずです。

 

ただし、タミフルにもパリエットにも「不眠」等の副作用がありますから、その症状などが強く生じてしまう恐れがあります。ですから、タミフルとパリエットを一緒に飲む際は注意しましょう。

 

とはいえ、タミフルの使用期間は5日間限りです。タミフルを飲めばインフルエンザは当然早く治りますから、飲み終えるまで我慢するのもアリです。ただし、無理は禁物です。