パリエットを小児・子供が服用するのはOK?

子供がパリエットを服用してもいい?

 

医薬品のパリエットは胃酸をブロックしてくれるPPIであり、使用層のメインは成人です。

 

ですが、近年は胃酸関連のトラブルに見舞われる子供が多くなってきていますので、パリエットを用いても問題ないのか知りたい方はたくさんいると思います。また、自宅にストックしてあるパリエットを子供が間違えて摂取(誤飲)してしまわないか心配している方も多いと思います。

 

ここでは、パリエットを子供が摂取しても問題ないのか否かという事をお伝えしていきます。

 

子供がパリエットを服用する場合もある

 

「そもそもパリエットを子供が摂取するようなシチュエーションがあるのか」という事に関してですが「そういう場合もある」というのが回答になります。

 

小児等に対する安全性は確立していない(使用経験がない)。
参考ページ:パリエット添付文書

 

添付文書では↑のように記載されています。そのため子供には使用しないように思われますが、実際にはゼロということはないのです。

 

現に、近年は子供で「GERD(胃食道逆流症)」に見舞われる人も多くなってきており、それに対処するためにパリエットを使うというパターンが多くなってきているそうです。

 

食道に胃酸等が逆流してしまうのが「GERD(胃食道逆流症)」です。その折、炎症やただれが食道に発生していないのであれば「NERD(非びらん性胃食道逆流症)」、発生しているのであれば「逆流性食道炎」に分類されます。

 

胃食道逆流症に子供が見舞われた時は、

 

  1. 胸焼け
  2. お腹が張る
  3. ノドに違和感が出る、食事が飲み込みにくい
  4. 吐き気
  5. ゲップ
  6. なかなか治らない咳

 

のような症状に見舞われる事が多いです。ことに「風邪を引いてはいないのに、咳がなかなか改善しない」というケースには、案外、胃食道逆流症に見舞われている場合が多々あるとされています。

 

胃食道逆流症の際はPPIが第一選択薬品になりますので、パリエットが子供に向けて出される場合があるのです。

 

さて、ここで先述の添付文書を確認してみると「安全性は確保されていない」とあります。ですから、「パリエットを使わない事で、安全度を優先する」という場合もあります。この辺りの事は医療機関側が決める事ですから、素人に判断できる事ではありません。

 

ですから、医療機関側の判断でパリエットが出されたのであれば、素直にパリエットを子供に飲ませてOKです。そして当然ですが、「家にストックしてあるパリエットを勝手な判断で子供に摂取させる」というような事は行わないようにしましょう。

 

パリエットではなくガスターを使うのはOK?

 

胃酸関連でドラッグストアなどで買える薬としては、H2ブロッカーに分類される「ガスター10」などが存在しています。「パリエットは怖いから、ガスターを……」と思う場合もあるかもしれません。

 

ですが、15歳未満はガスター10を使えません。80歳以上と15歳未満の人に関しては「使用NG」と説明書にありますから、無闇に使わないようにしましょう。つまりは、お年寄りと子供はガスター10を使えないという事ですね。

 

医療機関に出向けばドクターの判断の下で、ガスターやパリエットが出される事はあるかもしれませんが、とにかく店売りのガスター10を自分の判断で子供に飲ませるのは厳禁です。

 

子供がパリエットを誤飲してしまった場合は?

 

親御さんなどが逆流性食道炎などを治すためにパリエットを使っている場合は、自宅にあるパリエットを間違って子供が摂取してしまう事もあるかもしれません。

 

成人であっても副作用に見舞われる場合がありますから、子供の場合は尚更です。酷い副作用に見舞われる事があるかもしれません。最も見舞われやすいには「下痢」ですが、消化器関連の副作用(嘔吐感、味覚異常など)に見舞われる可能性も考慮しておく必要があります。それから、精神関連の副作用(眠気、フラフラ感、頭痛など)に見舞われるケースもあります。

 

ですが間違って摂取してしまったからと言って、1錠や2錠くらいまでであれば強引に吐かせてはいけません。強引に吐かせると、食道が大量の胃酸によってボロボロになってしまう危険性があるからです。もちろん、そちらの方が大幅に危険です。まずは経過を見守り、なかなか状態が良くならない場合は、医療機関に出向くようにしましょう。

 

ですが大量に摂取してしまって、意識が浅い(無い)・呼吸が浅い・異常に苦しんでいる等の状態なのであれば、即座に救急車を手配して対応してもらうようにして下さい。その折、医者の判断次第で胃洗浄などを行う事になりますので、プロの判断に委ねるようにしましょう。