パリエットの服用中の献血の可否

パリエット服用中の献血はいいの?

 

飲んでいる医薬品の種類次第では、献血を行えない場合があります。

 

さて、パリエットを飲んでいる時に献血を行う事は可能なのでしょうか。

 

パリエット自体のせいで献血NGにはならない

 

医薬品と献血の関係性に関しては、次の3段階の分類が存在します。

 

  1. その日に飲んでいても献血出来る
  2. 最後に飲んだのが1日前までなら献血出来る
  3. 最後に飲んだのが3日前までなら献血出来る

 

パリエットに関しては上記の「1」に区分されますので、その日に飲んでいても献血を行う事が叶います。ですから長期的にパリエットを使っている方でも、分類上は薬を何も使ってない方と同様に献血を行う事が出来るという事になります。

 

ですが、当日の体調次第では当然献血が行えないケースもあります。これは勿論トータルで判断していく事になりますので、100%献血が行えるわけではないという事は理解しておきましょう。これは、パリエット云々の話からは少し離れるかもしれませんね。

 

その他の医薬品と併用しているケース

 

パリエットを飲んでいても献血は常時行う事が出来ます。ただし、それは「飲んでいるのがパリエットだけ」であるケースだけです。パリエット以外の医薬品も飲んでいるのであれば、状況は変化します。

 

  1. 抗精神剤、抗うつ病
  2. 抗菌薬、抗真菌薬、
  3. 抗結核薬、抗ウイルス薬
  4. 止痢剤
  5. 喘息治療薬
  6. 痛風発作治療薬
  7. 事後に服用するピル(中用量ピルを含む)
  8. 花粉症治療薬
  9. ステロイド系抗アレルギー薬(セレスタミン、アプシラジン等)
  10. 市販風邪薬

 

上記の医薬品は「最後に飲んだのが3日前までなら献血出来る」ものの一例です。この内、パリエットと一緒に使う事が多い医薬品としては抗菌剤などがあります。ピロリ菌を治す際は、抗生剤とパリエットを一緒に使うような治療をしていく事が多いからです。もちろん、その折は最後に飲んでから3日は献血を行う事が叶わなくなります。

 

また、風邪が原因で風邪薬を摂取していたというのであれば、パリエットではなく、風邪薬の影響で献血を行う事が叶わなくなります。実際には、「飲んでいるのはパリエットだけ」というパターンは少ないです。献血を行うのであれば、事前に献血センター等に「○○という薬を飲んでいるが献血を行って良いのか」などの確認を取るようにしましょう。