パリエットがアレルギーの引き金になる可能性は?

パリエットがアレルギーを起こすことはある?

 

パリエットが原因で、肌の痒みや発疹等のアレルギーのような症状に見舞われる場合があります。

 

パリエットがアレルギー(過敏症)を起こすのはなぜ?

 

人体には「免疫(入り込んできた成分から身体を保護する)」という機能があります。ですから、ウイルスや細菌が入り込んできても免疫がきちんと働いてくれれば、病気になりにくくなります。

 

ですが、免疫機能が「人体にとって有害ではない成分」に関しても発揮されてしまう場合があります。その最たるものは「花粉」です。花粉が身体の中に侵入してくると、免疫が異常に反応して、「過敏症状(アレルギー反応)」に見舞われるのです。例えば、くしゃみや鼻水などです。

 

そして、ありとあらゆる医薬品についてこのようなアレルギー反応が生じる恐れがあります。もちろんパリエットも例外ではありません。摂取したパリエットが抗原となり、身体の免疫機能によって抗体が生成されて、次にパリエットを摂取した折にアレルギー反応に見舞われる場合があるのです。

 

パリエットでアレルギー反応が出る確率ってどのくらい?

 

では、具体的にはどの程度の確率でパリエットが原因で過敏症状(アレルギー反応)が生じるのでしょうか。それに、そもそも過敏症状にはどのような種類の症状が存在するのでしょうか。

 

  1. 薬疹(発疹・蕁麻疹・かゆみなど)
  2. 多形滲出性紅斑など
  3. その他重大な副作用(発熱・肝機能障害など)

 

主な過敏症状は上記の通りです。そして、全体の80パーセント以上を占めているのが「薬疹」です。パリエットに関してもそれは一緒であり、アレルギー反応が生じた際は、大半の場合は薬疹(かゆみ、じんましん、発疹等)に見舞われる事になります。

 

→過敏症副作用症状

 

症状

確率

発疹、瘙痒感

0.1~5%未満

蕁麻疹

0.1%未満

参考ページ:パリエット添付文書

 

上記がその確率です。正確な確率は不明ですが、発疹に関しては0.1パーセントを超えていますので、アレルギー反応には少なくとも1000名に1名は見舞われるという算出になります。

 

それ以外の症状に関しては、確率が一気にダウンします。

 

症状

確率

多形滲出性紅斑、中毒性表皮壊死症、スティーブンス・ジョンソン症候群

0.01%未満

参考ページ:Rabeprazole Side Effects

 

多形滲出性紅斑などの症状に関しては0.01パーセント未満となり、「非常に稀(Very rare)」という評価になっていますので、心配する必要はほとんどありません。ですが、万が一見舞われた際はリスクが大きいので、即座に対応するようにして下さい。

 

パリエットでアレルギーが出た場合の対処

 

「過敏症状(アレルギー反応)に見舞われたのであれば、すぐにパリエットの利用をストップして、以降は絶対に使わない」というのが鉄則であると言えます。

 

その為にも、現状の症状が「アレルギーが原因なのか否か」を把握しなければなりません。これは一般人に見極められるものではないので、医療機関に出向いてきちんと判断してもらうようにしましょう

 

基本的には、医薬品(今回はパリエット)の利用をストップして、それで症状が和らいだのであれば「パリエットに関するアレルギーが要因だった」と判断して、以降は使わない事になります。それ以外にも医療機関の判断次第では、「リンパ球刺激試験等」を行って、元凶となっている医薬品を突き止めていくケースもあります。

 

そして、元凶となる医薬品の利用をストップしてから、数日~7日くらいで症状が和らいでいくケースが大半です。そしてそれでも状態が改善されないのであれば、ステロイド剤や抗ヒスタミン剤などを使っていく事になる場合が多いです。

 

何にせよ一般人に見極められる事ではないので「アレルギーかも?」「過敏症状かも?」という折は、即座に医療機関に出向いて色々と判断してもらうようにしましょう。

 

そして、重大なアレルギー症状(アナフィラキシー等)に見舞われた際も、パリエットを使っている事を報告しておけば、診断がスムーズになるはずです。