パリエットが妊娠中~授乳中の赤ちゃんに与える影響

パリエットの妊娠中・授乳中のポイント

 

妊娠中や授乳中は、些細なことでも気になったり、いつもより神経質になる人が多いでしょう。そんな心境のなか、医薬品を服用しなければならないとしたら、大きな不安があるはずです。もちろん、妊娠・授乳中の服用を禁忌としている医薬品もあるため、慎重になるのはけっして悪いことではありません。

 

ここからは、妊娠中・授乳中にパリエットを服用した場合、どんな危険性が予測できるのかを説明します。それらを知ったうえで服用してください。

 

まず、パリエットの添付文書を確認してみましょう。いわゆる「説明書」にあたるものです。

 

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。
参考ページ:パリエット添付文書

 

この内容をまとめると、

 

妊活中・妊娠中は、パリエットのメリットがリスクを上回る場合のみOK.。逆流性食道炎のようにパリエットを投与しないと治療がむずかしい場合は投与しても良い。

 

となります。逆に言えば、パリエットを個人輸入で入手していた場合でも、逆流性食道炎などの「パリエットを使わないと治療が難しい症状」の場合以外は利用を控えたほうがよいでしょう。

 

パリエットのリスクについて、さらに詳しく知りたいなら「FDA薬剤胎児危険度分類基準」が参考になります。これはアメリカの政府機関であるFDAが基準を定めているもので、医薬品が胎児にあたえるリスクをカテゴリー分けしています。

 

FDA薬剤胎児危険度分類基準

カテゴリー 危険性 妊娠中・授乳中の服用
A 危険性ナシ OK
B 多分危険性ナシ 多分OK
C 危険性があるかも 場合によってはOK
D 危険性アリ やむを得ない場合以外NG
X 禁忌 絶対NG

 

FDA薬剤胎児危険度分類基準は、A~Xの5段階評価でリスクの強弱を表しています。この基準に当てはめると、パリエットはB評価となります。A~Bは、ほぼ危険性はなしというカテゴリーに含まれます。ただし、Bについては、動物実験でのデータでは危険性は認められないが人間では未確認であり、ぜったいに危険はないと言い切れるほどではありません。

 

この結果をふまえると、添付文書に書いてある言葉の意味が少し理解できるでしょう。安全性重視であれば、「どうしても必要なら服用はやむを得ないが、パリエットに代わる薬があるなら切り替える」としたほうが安心です。やむを得ず、パリエットを服用する場合は、まず医師に相談してから服用することがリスクを最低限に抑えることにつながります。正しい服用であることが前提ですので、自己判断で服用するのはやめましょう。

 

また、妊娠中・授乳中の服用で、特に注意が必要なのはC~Dです。Xにいたっては禁忌とされていて、絶対に服用できません。このXにあたるのが、睡眠薬として広く周知されている「ハルシオン」です。ほかにも、有名な抗うつ薬である「パキシル」はD、抗生物質のクラビットや抗不安剤のデパスはCとなります。いずれも医療機関でも良く使用される医薬品ですが、妊娠中・授乳中には服用できない医薬品と考えたほうが良いでしょう。普段から薬を飲んでいる人はとくに、服用しても問題がないか事前にしっかり確認しておきましょう。

 

パリエットは妊娠初期に飲んでも大丈夫?

 

ここまで、妊娠・授乳期間中にパリエットを服用した場合のリスクについて見てきたので、パリエットにあまり良くないイメージをもつ人もいるかもしれません。しかし、ひとことで妊娠中と言っても、妊娠初期か後期かのどちらかによって体にあたえる影響は大きく変わってくるのです。リスクの高い時期だけパリエットを服用しなければ、リスクはかなり減らせると考えられています。

 

まず、妊娠初期はパリエットの影響をまっさきに受けやすいといわれています。妊娠初期の赤ちゃんはまだ小さく、やっと形になってきたという頃です。この時期の赤ちゃんに、薬成分は大きく影響をおよぼします。さきほどの「FDA薬剤胎児危険度分類基準」も、妊娠2~12週の妊娠初期でのリスク評価になります。

 

まず、妊娠の可能性が低いのは、生理の日から数えて28日後の期間です。この間であれば、パリエットのリスクは心配することはないといえます。

 

いっぽう、排卵日からは注意が必要となります。もし、妊娠する可能性があったり、妊娠を希望しているなら、排卵日から2週間までのあいだは、パリエットは控えましょう。生理があれば、ふたたび服用を再開しても問題ありません。このように生理日を目安にして、服用する日をきちんと管理しておけば、「うっかり服用してしまったかも」という不安はなくなります。

 

パリエット服用中に妊娠するケースもまったくないわけではありません。つわりがあってはじめて妊娠に気づいたとすると、要注意期間にあたる可能性が高いです。とはいえ、ショックを受けたり落ちこまないようにしてください。FDAのB評価は「ほぼ危険性はなし」と少しだけ含みを残していますが、リスクは低いとされています。それでも、不安が消えず悪いことばかり考えてしまうというのであれば、医師に相談しても良いでしょう。ずっと不安をかかえたままでいるほうが、よほど赤ちゃんに悪影響をおよぼすことがあるからです。

 

妊娠中期から後期ではパリエットはどう影響する?

 

妊娠中期~後期になると、胎児の体も成長してきます。そのため、催奇形性などの危険性はなくなります。この時期にパリエットを服用したとしても、胎児への影響は少ないと考えられます。

 

ただし、パリエットの成分が、お母さんの胎盤を通して赤ちゃんに入ることは間違いありません。やはり服用は控えたほうが良いでしょう。ただし、胃潰瘍や逆流性食道炎などの治療が必要となった場合に限って、パリエットの服用が認められる場合もあります。

 

とはいえ、妊娠初期ではないのですから、用法・用量をただしく守っていれば、それほど心配する必要はありません。

 

パリエットは授乳中にどう影響する?

 

どんな医薬品でも授乳中に服用すれば、母乳のなかに薬成分が含まれます。それを赤ちゃんが飲むことで、赤ちゃんの体に薬成分が入ることになります。母乳に含まれる薬成分の量はほんの少しですが、赤ちゃんの大きさで考えれば、お母さんへの影響とはくらべものにならないほど大きいのです。そういった理由があるから、授乳中に服用できる医薬品はごくわずかなのです。

 

パリエットは、服用期間が重要なポイントになります。なぜなら、パリエットは症状にあわせて服用期間が異なるから医薬品だからです。期間は、2週間だったり、あるいは数か月だったりと、幅が大きいのが特徴です。授乳しない期間が2週間くらいであれば、赤ちゃんへの影響はほとんどないでしょう。ただし、何か月も授乳できないが続けば、赤ちゃんに何らかの影響が出るかもしれません。もし、授乳中にパリエットを服用することになったら、どのくらいの期間服用することになるのか確認しておきましょう。数か月かかる見込みであるなら、代わりの医薬品がないか医師に相談することもできます。

 

なお、授乳中ならではの対処法があります。妊娠中は赤ちゃんに影響があったとしてもお腹の様子がわかりませんが、授乳中は見て確認できるからです。赤ちゃんに元気がなかったり、お腹の調子が悪くなったなら、パリエットの影響によるものと考えられます。つまり、パリエットを服用していても、赤ちゃんへの影響しだいで、すぐに授乳をやめるなど、すばやい対処ができるのです。

 

また、はじめから授乳はせず、ミルク育児だけでも良いでしょう。このように、授乳中ならその場の状況に応じて、適切な対応をすることができます。そう考えると、授乳中のパリエット服用はあまり深刻に考えることはありません。なお、パリエットは服用してから1日~2日ほどで、血中の薬はほぼ消えます。そのタイミングで授乳すれば問題ないでしょう。

 

ただし、ピロリ菌治療でのパリエット服用に限っては、授乳はやめましょう。ピロリ菌治療では60mgの服用を指示されることがあり、これは一般的な用量を大幅に超えています。つまり、血中濃度もそれだけ上昇しやすくなり危険性もいっきに高まります。

 

初乳は飲ませる?飲ませない?

 

初乳とは、産後2~3日の授乳のことをいいます。初乳が大切といわれるのは、お母さんの免疫を赤ちゃんにあたえることができるからです。とくに注目されているのが免疫物質である「免疫グロブリンA」です。これは、初乳の期間のみ含まれているため、初乳は特別なものとされているのです。しっかり準備するために、初乳の2日前からは、パリエットを控えましょう。

 

無事に初乳があたえられれば、赤ちゃんに免疫物質が伝わったことになります。そのあとは、ミルク育児に切替えれば、赤ちゃんへの影響はほとんどないと考えられます。