パリエットとタケキャブの併用・適応の違いを比較

パリエットとタケキャブの比較

 

タケキャブ(成分名:ボノブラザン)は、2015年に発売されたばかりの比較的新しい医薬品となっています。パリエットと同じPPI(プロトンポンプ阻害薬)に分類されており、武田薬品工業が開発した医薬品となります。

 

同じPPIということで、どっちがいいのか知りたい人も多いでしょう。ここでは、パリエットとタケキャブの違いを比較していきます。

 

パリエットとタケキャブの効果・適応はどういう違いがある?

 

パリエット(成分名:ラベプラゾール)はプロトンポンプ阻害薬となり、胃酸を発生させる「プロトンポンプ」を阻害することで胃酸の量を少なくすることができます。

 

しかし、パリエットは血中濃度がある程度維持されてようやく、プロトンポンプ阻害作用が発揮されるという特徴があります。つまり、体の中にある程度の量がないと効果が発揮されないわけです。また、ラベプラゾールは胃酸による活性化が必要なので、その間のタイムラグが出てくるのがネックとなります。さらに、個人差が結構出やすく、人によってはあまり効果がなかったというケースもあります。

 

その点、タケキャブは従来のプロトンポンプ阻害薬の弱点が改良されています。まず主要成分のボノブラザンは、酸による活性化が不要で、ダイレクトにプロトンポンプを阻害できます。なので、効果がすぐに出るほか、血中濃度が薄くなっても効果をキープできるという利点があります。また、個人差があまり出ないので、比較的誰にでも効果が期待できます。

 

このように、パリエットとタケキャブでは作用機序が微妙に違ってきますが、「プロトンポンプ阻害」と言う意味では同じです。

 

  1. 逆流性食道炎
  2. 胃潰瘍、十二指腸潰瘍
  3. ピロリ菌
  4. 機能性ディスペプシア

 

など

 

なので、適応する症状は↑のとおりとなっており、適応に大きな違いはありません。

 

利点・欠点と薬価を比較

 

わかりやすくするために、パリエットとタケキャブの利点と欠点をまとめてみました。

 

  パリエット タケキャブ
効果の強さ ★★★★ ★★★★★
効果が出るまでの時間 ★★★ ★★★★
個人差 ★★★ ★★★★
薬価 ★★★★★ ★★★

 

↑の表にある通り、効果や個人差の部分については新薬となるタケキャブの方が勝っています。

 

ただ、実は価格に関してはパリエットの方が安いです。なぜなら、パリエットはそもそもの薬価も安いですし、ジェネリックもあるのでトータルではかなりコストダウンできるのです。

 

医薬品名 薬価
パリエット 10mg 115.70
パリエット 20mg 218.9
タケキャブ 10mg 160.10
タケキャブ 20mg 240.20

 

タケキャブはパリエットに比べてやや高くなっており、価格面ではパリエットのほうが有利です。

 

パリエットとタケキャブは使い分けたほうがいい?

 

パリエットとタケキャブの特徴は分かったはずです。では、どうやって使い分けていくのが適切なのでしょうか?もちろん最後は医師の診察通りにするのが基本ですが、おおざっぱな使い分け方法を説明します。

 

まずはじめに、逆流性食道炎、あるいは胃潰瘍などで医師の診察をうけると、今はタケキャブが使われることが多いはずです。というのも、新薬ですし、個人差も出にくいからです。パリエットだと、もし万が一効果が少なかった時に、別の医薬品に切り替えるタイムロスが出てしまいます。

 

とはいえ、タケキャブの保険適用は「8週間」と決まっているため、たいていの場合はだんだん効果の弱い医薬品に切り替えていきます。

 

タケキャブ→ネキシウム→パリエット→ガスター

 

↑のような流で、だんだん効果が弱く、副作用のリスクが少ない医薬品に移っていくことになるでしょう。

 

なお、タケキャブは出たばかりの医薬品なので、個人輸入で購入することは難しいです。なので、タケキャブを利用したい場合は医師の診察を受ける必要があります。